【剣盾S31構築】サンダーバドザシ展開②【最終48位】

こんにちは、ぽんチョと申します。

今回はS31で使用した構築を紹介します。

 

【使用構築】

 

【構築経緯】

S29と同様に、珠サンダーの初手ダイマで荒らしてから黒バドレックス、ザシアンに繋ぐ形を構築の軸とした。

popopopon-cho.hatenablog.com

 

S29の構築で潜ったところ、以前よりもバンギラスが増えており、サンダー、黒バドレックスの通りが悪く勝率が上がらなかったため、対策が必要であった。

前期の構築記事を読み漁ったところ、脱出パックバンギラス+砂掻きウオノラゴンが自分の求めていたものにピッタリハマったため採用した。

バンギラスは黒バドレックスをコピーしたメタモン対策になり、ポリゴン2と違って相手のバンギラスにも強く出ることができる。また、ウオノラゴンは黒バドレックス受けのバンギラスガオガエン等に強く出ることができ、裏にも大きな負荷をかけることができるため、この構築に合っていた。

最後にザシアンをコピーしたメタモン対策としてS29と同様にヌオーを採用し、構築が完成した。

 

☆脱出パックバンギラス+砂掻きウオノラゴンの参考元

【剣盾S30使用構築】蒼剣バドバンギノラゴン【最終13位/R2058】 - 布団に入ってひと休み。

(無断転載なので問題があれば削除します)

 

【個体紹介】

ザシアン@朽ちた剣

特性:不撓の剣

性格:意地っ張り

実数値:199(252)-210(4)-141(44)-×-136(4)-194(204)

 ・コピーザシアンの巨獣斬を最高乱数以外耐え

 ・A特化ザシアンの巨獣斬+電光石化耐え

 ・自分の黒バドのS-1

技構成:巨獣斬/インファイト/ワイルドボルト/剣の舞

 

バドザシミラーを意識してできるだけSを上げ、相手のA特化ザシアンに勝てるよう巨獣斬+電光石化を耐えるようにした。

技構成としては、巨獣斬と黒バドが呼ぶノーマル、悪タイプへの打点としてインファイトは必須。また、ホウオウに対して打点が無いと立ち回りが窮屈に感じたためワイルドボルトを採用し、崩し意識で剣の舞を採用した。

剣の舞を見せてダイマを誘い、受けに引いてダイマを枯らす動きも強かった。

 

バドレックス@拘りスカーフ

特性:人馬一体

性格:控えめ

実数値:185(76)-81-125(196)-209(36)-121(4)-195(196)

 ・A242ザシアンの巨獣斬75%耐え

 ・自分のザシアンのS+1

技構成:アストラルビット/サイコショック/ドレインキッス/トリック

 

持ち物は襷だとバンギラスを受け出されるだけで無くなってしまうため、今回はスカーフを持たせた。

バドザシミラーはSが速い方が有利なので、最低限の耐久、火力とし限界までSに振った。ここまでSに振ることで黒バドミラーには1度も抜かれなかった。

Sに割いた分、巨獣斬を耐えない可能性があって耐久が心許ないが、環境のザシアン全てがA特化という訳ではないし、A特化だったとしてもそこそこの確率で巨獣斬は耐えるので、妥協できる範囲内だと判断した。幸いにも巨獣斬1撃で倒されることは1度もなかった。

技構成としてはアストラルビットは確定として、ダイウォール媒体かつ崩し意識のトリックを採用。エスパー技は初めはワイドフォースであったが、相手のラッキーに対してトリックした後、シャドボで押し切られて負けたのでサイコショックに変更した。ドレインキッスはダイフェアリーにより麻痺、欠伸展開を拒否できるため採用した。

 

サンダー@命の珠

特性:静電気

性格:控えめ

実数値:187(172)-x-106(4)-194(252)-111(4)-130(76)

 ・調整はこちらの記事を参考にさせて頂きました。

  耐久振り珠破壊光線サンダー - Origin Regression

 (無断転載なので問題があれば削除します)

技構成:ライジングボルト/暴風/電磁波/羽休め

 

S29のときも使っていた耐久振りの珠サンダー。相変わらずかなり強かった。

基本は初手ダイマで展開する。ダイマを切り合っても耐久に振ることで打ち合いに強くなる。初手ダイマで1匹倒した後、2匹目に対してはこちらのSが上がっている状態なので上から動ける。

ダイマが切れた後でもフィールドを展開していれば、ダイサンダーと同じ威力のライジングボルトで大きく削ることができたり、電磁波でS上昇を防いだりと相手の2匹目にも負荷をかけることができた。

また、HDポリゴン2を受け出されることが多かったため、麻痺混乱を絡めて粘りながら突破できるように羽休めを採用した。

耐久振りなので羽休めとの相性が良く、後述のヌオーで毒を入れて羽休めで粘り勝つ動きもやっていた。羽休めがあったおかげで拾った対戦はかなり多かったと思う。

 

ウオノラゴン@拘り鉢巻

特性:砂掻き

性格:意地っ張り

実数値:165-156(252)-120-x-101(4)-127(252)

技構成:エラがみ/逆鱗/ロックブラスト/寝言

 

サンダーが通らないときの裏エース。バドザシが苦手なバンギヌオー、ラキヌオーのような並びに投げた。また、黒バド受けに出てくるバンギの砂にタダ乗りして、裏にも大きな負荷をかけられるところがよかった。

技構成としては、エラがみ、逆鱗は確定として、ダイロック媒体のロックブラスト、ダイウォール媒体の寝言とした。

 

バンギラス@脱出パック

特性:砂起こし

性格:慎重

実数値:201(204)-154-130-x-165(236)-90(68)

 ・S:バンギミラーを抜けるライン

技構成:ロックブラスト/嚙み砕く/馬鹿力/ステルスロック

 

持ち物は1度だけ対面操作が可能な脱出パックとした。バンギラスは有利、不利がはっきりしているため、有利対面で馬鹿力を撃ち、交代先にウオノラゴンを合わせて受けられない状況を作ることができる。

また、ランドロスガオガエンの威嚇で脱出パックが発動してウオノラゴンを出すことで一気に有利な状況に持っていける。

調整としては黒バドレックスをコピーしたメタモン意識でHDベースとし、バンギミラーを抜けるラインまでSを振った。この手のバンギラスは一般的にはSを落としていると認識されているため、多くのバンギラスを馬鹿力で破壊した。

技構成としては、身代わりホウオウ意識のロックブラスト、黒バドをコピーしたメタモン意識の噛み砕く、脱出パックを発動させる馬鹿力、ダイウォール媒体かつスリップ源となるステルスロックを採用した。

バンギラスを入れていることで、自然とヌケニン対策ができてよかった。

 

ヌオー@食べ残し

特性:天然

性格:図太い

実数値:201(244)-81-150(252)-85-85-57(12)

 ・A:ポリゴン2バンギラスイカサマ意識で個体値0    

 ・S:無振りヌオー抜き抜き

技構成:渦潮/欠伸/毒々/自己再生

 

ザシアンをコピーしたメタモンの対策として一般的なゴツメヌオーを使っていたが、メタモン入り以外にはあまり活躍しなかったため、何か役割を広げられないかと考えていた時に閃いた渦潮を採用したヌオー。

欠伸で裏を見つつ対面操作しながら、渦潮で相手のヌオー、バンギラスポリゴン2等をキャッチし、眠らせたり毒を入れたりしてザシアンや黒バドレックスを通しやすくする。

そのほか受け寄りの構築に対しても強めに出ることができた。

ただ、渦潮を入れる相手を間違うとこちらがやられてしまうので、動かし方が結構難しく慣れが必要だと思う。

 

【選出】

・基本選出

⇒サンダー、黒バドレックス、ザシアン

最もパワーが出る選出。

サンダーで初手ダイマして1匹倒してから2匹目を削り、削れた2匹目を黒バドレックスの嘶きの餌にする動きが理想。2匹目がダイマして黒バドレックスの圏外であれば、黒バドレックスではなくザシアンを出して巨獣斬で負荷をかける。

ダイマが切れたサンダーに対して相手の2匹目がダイジェット等でSを上げようとしても、電磁波でSの上昇を拒否して、黒バドレックス、ザシアンの上を取らせないようにすることができる。

 

・裏選出

⇒黒バドレックス 、バンギラス、ウオノラゴン

基本選出が通りにくい構築(バンギラス入りやラキヌオー入り等)に対する選出。

黒バドレックス受けに対してバンギラスを合わせ、脱出してウオノラゴンを降臨させて有利に展開するのが理想。

 

メタモン入り

⇒ザシアン、ヌオー@1もしくは黒バドレックス、バンギラス@1

基本的にはザシアンか黒バドレックスのどちらか通っている方を出す。

両選出をしないといけない場合は、コピーザシアンに対しては予めインファイトで耐久を落としておき、黒バドレックスのアストラルビットで倒す。もしくはザシアンの体力がMAXであればコピーザシアンの巨獣斬はほぼ耐えるので、こちらも巨獣斬を入れてから黒バドレックスのアストラルビットで倒す。コピー黒バドレックスに対しては、スカーフメタモン前提で同速勝負を仕掛ける。

 

【後語り】

しばらくポケモンは緩くやると宣言しましたが、気づいたら再び上位を目指していました。しかし、子供がまだ小さいため寝かしつけているときにしかランクマができず、起きてぐずったら即降参していたので、レート2000は諦めかけていましたがなんとか達成できてよかったです。

選出中に子供がぐずって初手降参したこともあったので、不快に感じた方がいらっしゃいましたら大変申し訳ありません。舐めプしている訳ではありませんので、ご理解頂けると幸いです。

ここまで閲覧ありがとうございました!

 

 

【レンタル】

レンタル公開しているので、よかったら使ってみて下さい。

 

【剣盾S29構築】サンダーバドザシ展開【最終81位】

はじめまして。ぽんチョと申します。

これまで構築記事は書いてこなかったのですが、ガチ対戦からしばらく離れるのでポケモンをやってきた証として一応残しておこうと思います。

 

【使用構築】

 

【構築経緯】

今期は禁伝枠として、攻撃面で補完が優れるザシアン+黒バドレックスを使うことに決めていた。

amaniiii.hatenablog.com

(無断転載なので問題があれば削除します)

こちらの構築を使わせてもらったところ、珠サンダーの初手ダイマで荒らしてから黒バドレックス、ザシアンに繋ぐ動きが非常に強かったので構築の軸とした。

次にザシアン、黒バドレックスはメタモン対策が必須なので、ヌオー、ポリゴン2を採用。

黒バドレックスをコピーしたメタモンの対策としては、ラッキーやハピナス等も試したが、ポリゴン2は珠ランドロスダイマに後出しができる点が大きく、採用に至った。

残り1匹は迷走したが、ゼルネアス+ゴツメ日食ネクロズマバンギラスのようなザシバドサンダーが通りにくい構築がきついと感じたので、チョッキランドロスを採用。

軸の取り巻きを色々考えたが、結局参考にした構築の並びがベストだという結論に辿り着き、ほとんど同じ構築になってしまった。

 

【個体紹介】

f:id:YinYangpoke:20220302182855p:plainザシアン@朽ちた剣

特性:不撓の剣

性格:陽気

実数値:195(220)-209(148)-136(4)-×-137(12)-202(124)

技構成:巨獣斬/インファイト/氷の牙/剣の舞

 

最速ムゲンダイナは抜いておきたかったため、参考元の調整と同じ。ザシアンミラーは8割くらい勝っていた印象。

技構成としては、巨獣斬と黒バドが呼ぶノーマル、悪タイプへの打点としてインファイトは必須。氷の牙はサンダー意識でじゃれつくとの選択だが、メタモンをヌオーで受けることを考えて、上振れも狙える氷の牙の方を採用。剣の舞は無いとアッキサンダーで詰む。

 

f:id:YinYangpoke:20220302182701p:plainバドレックス@気合いの襷

特性:人馬一体

性格:臆病

実数値:175-x-101(4)-217(252)-120-222(252)

技構成:アストラルビット/サイコショック/ドレインキッス/悪巧み

 

スカーフで使ったこともあったが、個人的には行動保障があり技が固定されない襷の方が圧倒的に使いやすかった。

技構成としては、アストラルビットは確定として、サイコショックはラッキー、ハピナス意識で採用し、ドレインキッスは悪タイプへの打点やダイフェアリーにより欠伸展開を切れるために採用した。ラキヌオーはこいつで崩していた。

黒バドはダイマしなくても強いのが偉い。

 

f:id:YinYangpoke:20220302182906p:plainランドロス@突撃チョッキ

特性:威嚇

性格:陽気

実数値:165(4)-197(252)-110-x-100-157(252)

技構成:地震/空を飛ぶ/ストーンエッジ/自爆

 

チョッキにより特殊との打ち合いに強くなり、使い勝手がよかった。

参考元は岩雪崩であったが、ザシアンがホウオウに打点を持っておらず処理速度を上げたかったためストーンエッジにした。

自爆は相手のダイジェットによるS上昇を拒否できたり、欠伸展開を切るのに重宝したが、最終日湿り気ラグラージに当たったので、今後はラグラージには安易に爆発しない方がいいかもしれない。

ランドロスは匿名性が高いため、ステロを警戒させてヌケニンの選出を抑制したり、ランドロスが襷を持っていると思わせてスカーフ黒バドを警戒させたりと選出画面でも仕事ができていたと思う。

 

f:id:YinYangpoke:20220404220819p:plainサンダー@命の珠

特性:静電気

性格:控えめ

実数値:187(172)-x-106(4)-194(252)-111(4)-130(76)

技構成:ライジングボルト/暴風/電磁波/羽休め

 

本構築のMVP。正直めちゃくちゃ強かった。耐久振りの珠サンダーは上位ではチラホラ見かけたが、今後絶対に増えると思う。(調整に関してはリンク先のリンク先に詳細が記載されています)

基本は初手ダイマで展開し、ダイマの打ち合いになっても耐久振りのお陰で打ち勝てることが多く、相手の2匹目に対してはSが上がっている状態なのでこちらが上から動ける。

ダイマが切れた後でもフィールドを展開していれば、ダイサンダーと同じ威力のライジングボルトで大きく削ることができたり、電磁波でS上昇を防いだりと相手の2匹目にも大きな負荷をかけることができた。

技構成としては考案者は破壊光線を採用していたが、HDポリゴン2を受け出されることが多かったため、麻痺混乱を絡めて突破できるように羽休めを採用した。

耐久振りなので羽休めとの相性がよく、実際に数多くのポリゴン2をサンダーで破壊した。ポリゴン2が破壊できれば黒バドが通るので非常に相性が良かった。

 

f:id:YinYangpoke:20220404220829p:plainポリゴン2@進化の輝石

特性:トレース

性格:生意気

実数値:191(244)-100-119(68)-125-154(196)-72

技構成:イカサマ/冷凍ビーム/電磁波/自己再生

 

メタモン対策枠①。

特性は珠ランドへ後出しができるようトレースとした。

黒バドをコピーしたメタモン意識でHDベース(サイコショックを採用しているがHBだとダイサイコが受からない)とし、耐久の目安としては臆病珠サンダーのダイジェットを2耐えする程度。

選出画面にいるだけでもある程度メタモンを牽制できていたと思う。

 

f:id:missdd:20220330164452p:plainヌオー@ゴツゴツメット

特性:天然

性格:腕白

実数値:202(252)-105-150(252)-x-86(4)-55

技構成:地震/毒々/欠伸/自己再生

 

メタモン対策枠②。

ヌオーやポリゴン2のような耐久ポケモンの崩しルートを増やすため毒々を採用した。

欠伸で対面操作しながら毒を入れる動きが強かった。

ゴツメで削ってザシアンや黒バドの圏内に入れたり、襷を潰せたりと個人的には食べ残しより使いやすかった。

こちらも選出画面にいるだけでもある程度メタモンを牽制できていたと思う。

 

【選出】

・基本選出

⇒サンダー、ザシアン、黒バドレックス

最もパワーが出る選出。

サンダーで初手ダイマして1匹倒してから2匹目を削り、削れた2匹目を黒バドの嘶きの餌にする動きが理想。もし2匹目がダイマしてきて黒バドの圏外であっても、ザシアンの巨獣斬なら倒せることが多かった。

ダイマが切れたサンダーに対して相手の2匹目がダイジェットを打ってきても、電磁波でSの上昇を拒否して、黒バド、ザシアンの上を取らせないようにできる点もよかった。

サンダーよりもランドロスの方が通っている場合はランドロスを出すが、割合としては圧倒的にサンダーの方が多かった。

 

メタモン入り

⇒ザシアン、ヌオー@1もしくは黒バドレックス、ポリゴン2@1

基本的にはザシアンか黒バドレックスのどちらか通っている方を出す。

両選出をしないといけない場合は、黒バドレックスの襷で止める。ちなみにザシアンをコピーされた場合は、インファイトで耐久を落としておけばアストラルビットで確1なので立ち回り次第で勝てる。

選出画面でポリゴン2とヌオーを見せているので、メタモンが選出されないこともそこそこあった。

 

【後語り】

仕事、育児をしながら上位を目指すのはかなり厳しく、今期を最後にしばらくガチ対戦から離れることを決めていました。

最後にするからには、自分のポケモン人生をかけて最低でも2桁に入ることを目標にしました。

ポケモンは睡眠時間を削ってやっていたため、最終日は午前3時くらいに体力の限界が来て泣く泣く撤退。正直、体力が続けばもう少し上位に行けたと思いますが、目標の2桁圏内&レート2000を達成したと思い、ほっとして眠りにつきました。

翌朝、結果を見たらレートが1999だったので椅子から転げ落ちました。お前のポケモン人生はレート2000には値しないというお告げでしょうか。

今後は、時間が空いた時にゆるーくやっていこうと思います。

ここまで閲覧ありがとうございました!

 

 

【レンタル】

これまでたくさんのレンタルパーティを使わせて頂き、ポケモンを育成する時間が限られている身としては非常に助かったので、自分もレンタルパーティを公開させて頂きます。

同じ境遇の方々のお役に立てれば幸いです。